イタリア滞在

0

    レースが空く期間があり、2週間ほどブレシア州に滞在していた。たったひとりで2週間もホテルにいるのも退屈だし、どこかに出かけようかとも考えたが、それにかかる費用や手間、時間を考えると面倒くさくなり、やめた。

     

    日本でイタリアに滞在しているというと、だいたい羨ましがられる。それもわからなくはない。しかし大半の人が想像するイタリ生活と自分のとでは大きくかけ離れている。例でいえばローマやベネツィア、ナポリの中心地には一度も訪れたことがない。

    練習やレースまでの移動を考えれば郊外に滞在するのがマスト。

    10代のときはフィレンツェの中心地に住んでいた日本人留学生を羨ましく思ったこともある。

     

    最近よく滞在するホテルのレストランが日曜の夜だけ休みのために、ひとりで外食に出掛けた。

    日曜に開いているレストランは少ない。

     

     

    ひとりでピザを食べている人間など自分以外にいなかったわけだが、こうしてみるとそれなりにイタリア滞在を満喫していると認めざるをえない。

     

     


    Livignoでの高地合宿

    0

       

      関東の熱が記録的になる前に日本を脱出。アルプスの山の上にいる。2000m超えのここでは最高気温は20℃ほど。

      今年参加したワールド・ツアーのレースで感じた自分たちに足りないものは実力や才能だけではない。

      準備体制の部分ですでに大きな遅れを取っていると言わざるをえない。

      資金面ももちろんだが、チームとして年間スケジュールのなかでどこに一番注力しているか、という差もある。

      いままさに開催中のツール・ド・フランスでもワイルドカード枠で参加しているチームの影が心なしか薄いを見てもらえばわかると思う。誤解はごめんだが、彼らが弱いと言っているわけではない。彼らの強さはこれを読んでる人たちよりは知っているつもり。

      高地合宿は自分に足りないと思った多くの準備のひとつ。万人に100%の効果が現れるとはいえないらしいが、大多数の選手とチームが行っているのには理由があると思う。現にこのアルプスの山の上には男女問わず、アマチュア、トッププロの数多くの選手にすれ違う。

      しかしただ山の上にいればいいというわけではなく高地ならではの練習のやり方がある。自転車に特化したこのノウハウは日本にいてもなかなか手に入らない。というのも日本の自転車選手たちにはあまり浸透していない。どこかのチームが継続的にしているという話は聞いたことがないし、数少ない自分が仲良く話す選手から高地合宿の話を聞いたことがない。

      日本チャンピオンになり三十路になるまで高地合宿をやったことがなかった。

      しかしニッポのイタリア人たちに聞くとジュニアカテゴリー、おそくてもアンダーの一年目から欠かさずに一年に一回は皆がやっている。

      こんな感じ。

      このノウハウや経験を持って帰れるのはありがたい。

       

       


      全日本な週末

      0

        本来ならまずツール・ド・スイスについて書くべきなんだろうし、誰かに伝えたいことは山程あるんだけど、9日間フルに刺激が強すぎて、気軽に書いてまとめられるものではないのでここでは割愛。

         

        全日本を欠場して振り返ってみると、競技を始めた高校生から毎年出てるから初めての自宅待機。

        ネットでは追いかけてたんだけど、お隣で行われた陸上の全日本も気にしてた。

        100mで負けて、ネガティブなコメントもしてたのに、凄いよね。一夜にして立て直して、翌日の200で勝つんだから。またこれで何人も感動して涙させるんだから。

        おれの少しのガサガサも治まるよう。


        francfurt,dunkerque,,,,,

        0

          想像していなかったが、レースを走ってきた。TOJまでレースないわとのんびりとしているところに一通のメッセージ。

          慌てて諸々の手続きを済ませ、落ちてるジャージをスーツケースに押し込めて、空港に向かった。まるで隣町に向かうかのような準備だった。

          フランクフルトは世界最高カテゴリーのワールド・ツアー、ダンケルクもヨーロッパツアー最高ランクHC。レースの競技レベルが高いのは勿論だけども、レースの魅せ方や盛り上がりも流石だった。これは今年出たレースはどれもそうだけども。

          一方で先日宇都宮で行われたJPTのレース。地元のチームに所属し、大きな困難と闘っている選手が優勝した、という物語があったためとも思うが、そちらもそちらで凄い盛り上がりだったようで。

          自分が出た両レースは世界中にTV放送もあり、世界規模での影響力があったと思うが、地域だけで比べたら、影響力という点でもしかしたら、もしかするんじゃね?とか、イタリアの滞在先のホテルで考えていた。

           


          地底にて

          0

            怒涛の日々だった3月。ストラーデ・ビアンケ、ティレーノ、ミラノサンレモ、デパンヌ、とそれぞれなか3日ほどで走りきった。

            世界最高のレーススケジュールを組んでもらい、何ものにも代えがたい一ヶ月を過ごさせてもらった。

            ティレーノとサンレモは一生忘れることはないだろう。このクラスのレースの影響力を思い知った。

            レース会場まで昔の友人たちが会いに来てくれた。逃げに乗ることがなければ、自分が走っていることを彼らは知らなかっただろうし、知っていてもわざわざ会いには来なかったかもしれない。少し斜に構えた考え方かもしれないが、皮肉ではなく、素直に会いに来てくれたことに喜んだ。

            チームのスポンサーからもメッセージをいただいた。なかには「ありがとう」とまで書かれたメッセージもいただいた。「おめでとう」ならわかるが、まさか「ありがとう」なんて言われると思ってもいなかったから衝撃的だった。

            恐るべしモンスターレース。

            レースとレースの合間にお世話になっていたホテルの人もレースを見てくれていた。「最初からずっと先頭で走っていたけど、最後はいなかった。疲れちゃうなら、もうちょっと飛び出すの遅らすことはできなかったの?」とアドバイスまで。

            ’疲れた’はただの口癖だが、今回ばかりは本当に疲れて、休んだと思ったら次のレースと、まさに濃厚な一ヶ月だった。

            今は帰国し、次のレースまで地下深くに潜伏中。浮上するのはまだ暫く先の予定。


            | 1/41PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM