さいたまクリテでのスプリント

0

    予想以上の反響に驚きを隠せない。

    まぁ確かにこの並びには誰しもが違和感を感じずにはいられない。

    photo:チームの公式Facebookから

     

    確かに奇妙な瞬間であった。飛び出して走った最終周は鳥肌が立つほどの大声援。

    自分の自転車人生でも忘れられない瞬間になった。

    あざっした!

     

    そしてそのあと。

    レースのあと、さいたまクリテの翌日に香川県で開催される宝山湖三豊ロードレース大会への参加のために移動予定だったわけ。

    最終便まで時間がないのよ。レース後すぐに行われる予定の表彰式の前にこそっとおいとまさせていただければ、フライトに間に合うかな、なんて甘っちょろい考えを前日まで持ってたんだけど、自分が表彰対象になるし。表彰式後は各TV局のインタビュー撮影、記者会見への対応も必要だったし。

    ただ大会運営スタッフがとても優秀で。「おしりがあるんで頼みます」なんて無理難題を突きつけてもさらりとこなしてくれたので助かりました。

     

    最後のTV出演のあとは、ホテルまでダッシュ。

    その場でお声掛けいただいた新聞記者の方御免なさい。対応できなくて失礼致しました。

    そしてレースが終わってしばらく経っているにもかかわらず帰らずに、表彰式会場からの選手の出待ちをしてくださった観客の皆様。

    全速力で駆け抜けてしまって失礼致しました。

    最後のゴールスプリントばりに全速力だったけども、たくさんのお声掛けをしてくださる出待ちの皆様の前を無言で通り抜けるのが申し訳なくて、「ほんとにケツかっちーん!!」なんて死語なんだか旬なんだかわからない言葉を叫んでおりました。

    寒い中出待ちしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

     

    その後ホテルから駅までのラン全速力の代償として筋肉痛にはなったけども、優秀なスタッフと大勢の観客に対する粗末な対応の甲斐もあって、無事に保安検査場タイムリミット30分前に空港に到着。

    空腹に耐えかね、空港内の和食屋にてかつ重をオーダー。出てくるのに時間を食い、焦って食して口の中は火傷だらけ。

     

    それでもなんとか無事に香川にたどり着き、もう疲れた、寝たい、と思ってホテルにチェックインすると、なぜかサラピンのはずの自分の部屋は某招待選手と某関係者の宴会場になっており。

     

    香川でのイベントの話はまた後日。

     


    コメント
    あのホテルまでのスプリントにそんなエピソードがあったなんて…(笑)
    最終周は観客席も鳥肌でした。日本チャンピオンジャージを着て、あのメンバーに食らいついている姿を見て、自転車ファンとして日本人の自転車乗りとして、本当に感動するものがありました。
    写真もとっていただきありがとうございました❗これからも応援してます!!
    • ぽっち
    • 2016/11/04 11:16 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM