BS先輩がたと

0

    新宿の某所にて集った。

     

     

    引退と新たな門出祝いが御ふたり。生誕祝いが御ひとり。何も祝いごとのない私は手持ち無沙汰。

    天才都貴師匠と来年プロ丘サーファーに就職希望の同期伊丹とは2年間、日本最速常識人の和郎さんとは4年間、BSのチームメイトとして走らせてもらい、フランスでは共同生活をし過ごした。

    話の中身は昔と変わらず、あのときのレースの話や表には出せないあのときの面白ブラックエピソード。

    変わったことといえば、選手として走り続けるのは私だけになってしまったということぐらいか。

    ツールド沖縄アンカーツアー打ち上げでの都貴さんの挨拶は完全なるサラリーマン清水都貴であり、選手時代の天才清水都貴とはかけ離れた姿で、取り残されたように感じて少し寂しかった。きっとこれから和郎さんと伊丹もそう変化進化していくのであろう。否、伊丹は変わらないか。

    もうまもなく師走に入り今年も終わりが近く。

     

     


    コメント
    この中で来季も走りが見れるのは初山選手だけになると思うと少し寂しいですね。
    • 缶バッジ
    • 2016/12/01 4:26 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM