全日本シクロクロス

0

    宇都宮のロマンチック村まで和郎さんと観戦へ。

    もちろんアンカーの時くんの応援と龍への冷やかしが目的だが、宇都宮開催となれば同い年で数少ない友人の光のことも無視はできない。

    あくまでプライベート。比較的隠密行動を取りながら応援していたつもりだけども、まぁよくお声掛けくださりました。おかげさまでレースの半分くらいは話し込んでいたような気がする。職業云々以前に私自身の気質からか、その処で出会った人とはその処で接し、新たな地へ行ったときは以前のを持ち越さずにそこで知り合った新たな人々と交流するというドライな人間関係になってしまうことが多い。

    にもかかわらず宇都宮という地は人はもう5年も離れて経つのに暖かく迎え入れてくれる。

    今年は宇都宮に足繁く通うことはできなかったのだが、宇都宮で会う頻度が減っていることに佳正さんは気付いてらっしゃった。

    いやそれが普通なんだけど。そのマメさ。私には出来ない芸当だ。

     

    レースは時くんの優勝。

    数多くの方に「何枚チャンピオンジャージを持ってくんだよ〜」と云われた。宇都宮の自転車熱を見れば、我々がヒール役であることは避けられない。来年もほんの少しの愛嬌を持ったヒール役を演じられればいいと思っている。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM