Livignoでの高地合宿

0

     

    関東の熱が記録的になる前に日本を脱出。アルプスの山の上にいる。2000m超えのここでは最高気温は20℃ほど。

    今年参加したワールド・ツアーのレースで感じた自分たちに足りないものは実力や才能だけではない。

    準備体制の部分ですでに大きな遅れを取っていると言わざるをえない。

    資金面ももちろんだが、チームとして年間スケジュールのなかでどこに一番注力しているか、という差もある。

    いままさに開催中のツール・ド・フランスでもワイルドカード枠で参加しているチームの影が心なしか薄いを見てもらえばわかると思う。誤解はごめんだが、彼らが弱いと言っているわけではない。彼らの強さはこれを読んでる人たちよりは知っているつもり。

    高地合宿は自分に足りないと思った多くの準備のひとつ。万人に100%の効果が現れるとはいえないらしいが、大多数の選手とチームが行っているのには理由があると思う。現にこのアルプスの山の上には男女問わず、アマチュア、トッププロの数多くの選手にすれ違う。

    しかしただ山の上にいればいいというわけではなく高地ならではの練習のやり方がある。自転車に特化したこのノウハウは日本にいてもなかなか手に入らない。というのも日本の自転車選手たちにはあまり浸透していない。どこかのチームが継続的にしているという話は聞いたことがないし、数少ない自分が仲良く話す選手から高地合宿の話を聞いたことがない。

    日本チャンピオンになり三十路になるまで高地合宿をやったことがなかった。

    しかしニッポのイタリア人たちに聞くとジュニアカテゴリー、おそくてもアンダーの一年目から欠かさずに一年に一回は皆がやっている。

    こんな感じ。

    このノウハウや経験を持って帰れるのはありがたい。

     

     


    コメント
    初めての高地合宿で沢山の事を得ているようですね。凄い。
    その感覚、見習いたいです。

    Utahのレース、頑張ってください!
    活躍を楽しみにしています。^_^
    • HIRO
    • 2018/07/31 10:45 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM